成人式

私の成人式はもう20年前になりますあせあせ(飛び散る汗)
当時は初めての振袖に髪を結い成人式に出席しました。振り袖姿は気恥ずかしい感じがしました。年齢は20歳になったものの、大学生だった私は大人になったという気持ちはまったくなかったなぁ・・・

大人を感じたのは社会人になり、通勤ラッシュにもまれながら会社へ行き始めたころからだったような気がします。

日本で今のような形態の成人式は、終戦間もない1946年11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現蕨市)で実施された「青年祭」がルーツとなっているんだそうです。

当時日本は敗戦により国全体は気力のなくなった状態バッド(下向き矢印)、次の時代を担う青年達に明るい希望を持たせて励ますために右斜め上ぴかぴか(新しい)、当時の埼玉県蕨町青年団長高橋庄次郎が中心となり青年祭を企画したそうです。

会場となった蕨第一国民学校(現蕨市立蕨北小学校)の校庭にテントを張り、青年祭のプログラムとして行われた。
この「成年式」が全国に広まり現在の成人式となったんだそうですよ。

埼玉県から全国に広がったんですね〜いまは祝日にもなり全国各地で成人式が開かれています。素晴らしい企画だと思いまするんるん

成人式と言えば、私たちの頃は必ず写真館で写真を撮りましたカメラ。(今も撮影しているんでしょうね)
今の時代着物を着るということ自体ほとんど機会がありませんし、ましてや振袖を着る機会という事もめったにありません。

女の子だったら、とてもきれいな柄の着物や、素晴らしい刺繍の帯を選ぶのもとても楽しいことなのではないでしょか。
それから、20歳という年齢は二度と戻ってはきませんし、思い出を写真として残すということもとても素晴らしいことだと思います。

当時写真の撮影はめんどうで、気恥かしい気分でしたが今となっては写真を撮っておいて良かったと思っています。

12歳の娘もあと8年後には成人式を迎えます。その頃にはどんな着物の柄があるのでしょうねハートたち(複数ハート)でもまだ小学生の自分の娘が成人式を迎えるのは想像できませんが・・・

今年も、年が明ければすぐに成人式です。
暗いニュースの多い時代ですが、若い世代の人達にはずっと夢や希望を持ち続けて欲しい。
タグ:成人式 振袖
posted by 流行早取り情報局 at 10:48 | 流行早取り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。