携帯電話の通話料金

携帯電話の各社のプランで押しているのが、同じ携帯電話会社同士の国内での通話料が無料になるというプラン携帯電話消費者もこの言葉につられ、携帯会社を変更する人もいますね〜

でもこのプラン利用するには様々な条件がある上、条件を満たしていても申し込み手続きをしないと適用されないサービスもあるようで、自分のプランを一度見直してみても良いかもしれません。

私はソフトバンクを使っています携帯電話
ソフトバンクの「ホワイトプラン」は、家族・知人の登録などの必要はなく、相手もソフトバンクの携帯であれば午前1時から午後9時まで通話が無料になりますグッド(上向き矢印)月額980円。
それから、ソフトバンクの「ホワイトコール24」はホワイトプランに加入した携帯とヤフーBBが提供するIP電話「BBフォン」の通話が無料になります。

私は「ホワイトプラン」に入っています。決まった時間の間通話料無料というのはよく理解できていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)


NTTドコモとauが提供している、家族間通話の無料サービス。
ドコモではドコモを利用している家族で「ファミ割MAX50」というオプションに申し込めば、その家族間の通話・通信は24時間すべて無料になるそうです。

auはauケータイを利用している家族で「家族割」と「誰でも割」、家族観の通話料が24時間無料になります。


ソフトバンクとauでは、関連会社のサービスと組み合わせた固定電話との通話無料サービスもあります電話
ソフトバンクの「ホワイトコール24」はホワイトプランに加入した携帯とヤフーBBが提供するIP電話「BBフォン」の通話が無料になります。

auの「auまとめトーク」では、auの携帯とその契約者の自宅の固定電話がKDDIなら、その間の通話が無料になります。
KDDIの固定電話からauの携帯電話への通話はすべて無料になります。


各社微妙な違いがあるんですね、良く調べて無料通話の利用には申し込みが必要なのかどうかを確認した方がいいですねグッド(上向き矢印)

携帯も上手に使って電話料金を安くしたいですね。




posted by 流行早取り情報局 at 14:46 | 流行早取り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。