老人ホーム

今まであった老人ホームの主なタイプには、

●介護老人福祉施設(「特別養護老人ホーム」「特養」)。
●介護老人保健施設(「老健」)
●グループホーム
●有料老人ホーム

が、ありました。
しかし、高齢化社会の現代で、はそのニーズに応えていくことは簡単な事ではありませんあせあせ(飛び散る汗)
高齢者の数が増えているということだけではなく、入居希望者の個性も多様化してきています。
日本人は人生80年といわれる時代にあって、平均入居年齢が60〜65歳です。老人ホームでの生活は平均しても15〜20年間となり、生まれたばかりの赤ちゃんが成人するほどの期間をそこで暮らしていく事になるわけですね。その費用も簡単には考えられない程の金額になります。
老人ホームの選択は、人生における非常に重要なものになるということが分かると思います。

私の両親は今は父と母二人で暮らしています、私と妹は結婚し実家から離れて暮らしています。老人ホームの新しい情報は知っていたいと思っています。

今では、このような新しいニーズに応えようと、従来のタイプとは異なった、新しいタイプの老人ホームが模索されつつあります。

●新型特養ホーム
従来の「特別養護老人ホーム」(「介護老人福祉施設」のことで、「特養」と呼ばれることが多い)の新しい形です。公的ホームです。
今までの特養ホームの場合には、大部屋(相部屋)となるケースが多かったのですが、新型では、個室やユニットケア、個別のケアサービスが受けられるようになっています。ただし今までは、月額費用5万円だったのが、更に5万円がプラスされる形で、月額10万円ほどになります。

●新型ケアハウス
従来のケアハウスは、身の回りのことを自分でできる程度の、比較的自立した人が対象でした。そのため介護の必要度が進むと、退所しなければなりませんでした。新型の場合には介護認定が必要となります。
民間企業と自治体が連携した、新しい方式の施設となっています。

●ケア付きマンション
集団生活には抵抗がある人向けといえるでしょうか。
分譲または賃貸のマンションに緊急通報や食事サービスを付加したものです。
ただし介護が必要となった場合は、外部の在宅サービスと個別に契約が必要となります。さらに介護の必要度が進むと、また改めて別の施設への入居を検討せざるを得なくなってしまうというのが現状です。

その他、従来からある有料ホームが最近ではかなり値段が安くなり、利用し易くなりつつあります。
今の時代は老人ホームの模索時代といえるのかもしれません
posted by 流行早取り情報局 at 14:25 | 流行早取り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。